2011年3月30日水曜日

Never Forget

遅くなりましたが、先日の新宿アンチノックベネフィットライブに来て頂いた皆さん、ありがとうございました。


来場者197人、197,000円とTシャツ62枚完売で純利31,000円、ウチュジロウ15,000円売上で、合計243,000円のお金が集まりました。

そのお金は、nervous light of sundayの亀谷さんに3/22(火)に日本赤十字社東北関東大震災義援金に振り込んで頂きました。本当にありがとうございます。
詳しくは、亀谷さんのブログに書かれているので読んで頂きたいと思います。

当日はCleave土肥さん、Jumboさんに協力していただきBONES TVを通してUstream配信もすることができました。
急遽お願いしたにも拘らず、快く協力してくれたお二人には本当に感謝します。
東北にいる僕達の友人もUstreamを見ることができたようで、本当に実現できてよかったと思います。

Youtubeにも当日のライブ映像をフルセットでアップしてもらっています。ライブに来ることができなかった方は見てみてください。

そして、ライブ当日に販売されたベネフィットTシャツ(Bowlhead Inc.TOMEさんデザイン)は、 Cosmic Distroにて購入することができるようになりました。
売上から製作費を除いた全てのお金が日本赤十字に振り込まれるとのことですので、是非チェックしてみてください。





震災からある程度時間が経ちました。
原子力発電所の問題や停電の影響など、様々な問題や不安は尽きません。
被災地はまだまだ苦しんでいる人が沢山います。徐々に良くなってくる部分もあれば、時間が経つことで悪化していくもの、問題や現実が明るみに出ることでより苦しむ人もとても多くいると思います。

今はまだ混乱の中にいます。正しいこと、善いことの判断は難しいものもあります。
それでも僕達は日々の生活を続けなければならないし、悲嘆に暮れているだけでは物事は何も解決しません。
必要な情報をできるだけ正確に得て、自分の考えを基に行動していくことが必要になってくると思います。

僕自身は震災以前と変わらない生活を送ることができています。
しかし被災地の友人や家族は依然として辛い状況にいます。それでも彼らは自分ができることを行い、日々強く、前向きに生きています。
復興するには何年も、何十年もかかるかも知れません。
時間が経つにつれて、マスメディアで現地の状況や惨状を事実として目にすることは少なくなると思います。

それでも僕はこのことを絶対に忘れないし、忘れてはいけないと思います。

一時的な感情に捉われて突発的な行動や判断をするのではなく、現状を踏まえつつ、長期的な視点で自分に何ができるのか、何を行っていくべきなのかを考えていきたいと思います。


xtkx

2011年3月20日日曜日

As One

東北太平洋沖地震において被災された全ての方々に対して、心からお見舞いを申し上げます。

Insideは本日3/20(日)、急遽ライブを行うことになりました。

3/20(日曜)新宿ANTIKNOCK

□EDGE OF SPIRIT
□nervous light of sunday
□INSIDE
□FIGHT IT OUT
□A.O.W
□NUMB

Food
□ウチュジロウ

adv/door ¥1000+1drink
open/start 18:30 19:00

*チケット代は全額被災地に寄付します。

Bowl Head Inc.のトメさんデザインによるベネフィットTシャツも販売されます。
¥1,000です。製作費以外の全てが寄付されます。
Endzweckの宇宙さんがFoodとしてラーメンを出してくれます。これは売上全額が寄付されます。

また、今回仙台に住んでいる友人からの依頼を受け、Cleaveの土肥さん,Jumboさんの協力によりBONES TVからUstream配信を行う予定です。アンチノックのネット環境によっては行えない可能性がありますが、その場合はDfilmsの協力により後日Youtube配信を行います。
リンク等はTwitterで後程公開します。


nervous light of sundayの亀谷さんに誘っていただきました。
経緯については亀谷さんのブログに詳しく書いてあるので、必ず読んでください。
http://blog.livedoor.jp/nervousmk/

今回、企画に誘って頂いたことを深く感謝します。
亀谷さん、ありがとうございます。
このようなことを実現させる勇気と力は僕にはありません。本当に尊敬します。

こういったかたちでライブをすることに関して、本当に様々な意見があると思います。
僕自身も誘って頂いたとき、自分がどう行動するのが正しいことなのか、様々な問題に対して、これを行うことがベストな選択であるのかどうかということに対して非常に葛藤がありました。
それでも、Insideの海の言葉や、亀谷さんの言葉もあり、ライブに参加させていただこうと決心しました。

僕は仙台で生まれ育ちました。
そこには家族や友人がたくさんいます。
Insideの海と初めて出会ったのも仙台でした。

ベネフィットとか、チャリティとか、そういった言葉は偽善なのかもしれません。
でもここで何もせず、一人部屋で祈っているだけでは何も変わらないのではないかと思っています。
これが良いことなのか、悪いことなのかということについては僕はまだわかりません。

それでも被害にあった仙台も含め、東北地方、地震の影響で苦しんでいる人達全てに何か良い影響を与えることができればいいと思っています。


xtkx